しくみ

保育者

まちの保育園の保育者は、育ち、学びの共同者としてこどもたちを見守り、支援する存在です。保護者と協力関係を築きながら、こどもの興味や関心に広く深く寄り添い、個性や創造性を伸ばすということを日々の保育の中で心掛けています。

コミュニティコーディネーター

こどもの興味・関心に寄り添いながら、地域とこども・保護者・保育者の橋渡しする役割です。地域との共存関係を築きながら、こどもを真ん中に、子どもたちに様々な人格・才能との出会いや経験を持ってもらえるよう、保育者と連携を取って環境を整えて行きます。

家庭との協力関係

家庭の状況を踏まえながら、こどもにとって最善の環境を日々一緒に考えてゆく、子育てのパートナー関係が育めればと願っています。また、保護者が自分らしく、自然な育児ができるように寄り添って行きたいと考えています。

地域との連携/地域交流

保育の一環として地域交流を積極的に図り、善意のコミュニティづくりを目指します。
小竹向原のエリアは閑静な住宅街かつ、大学も多く文化的なエリアでもあります。地域の方と連携しながら、人間性の土台を築く乳幼児期によい出会いと豊かな経験を提供していきたいと考えています。こどもたちの生活の落ち着きを確保しながら、いかにまちに開かれたものとするかがテーマです。

対話でなす保育

まちの保育園の保育の本質は、こどもたちのために、保育者、保護者、まちの人がなす毎日の「対話」の中にあると考えています。そのため、こども・保育者・保護者・地域の方など、お互いに思いを交換し、理解するというプロセスをとても大切にしています。

保育環境

保育園はこどもたちにとっての生活の場です。ときには家よりも長い時間を過ごすこともあります。こどもにとって落ち着ける環境をつくりたいと考えています。こどもたちが生まれながらに持っている力が、保育者との安心した関わりの中で順調に促進され、成長発達してゆくように努めます。

園舎

内装は木と石とレンガでつくられています。0歳児室、1歳児室は落ち着いた雰囲気の独立した部屋ですが、2歳児以上は広い部屋で、異なる年齢のこどもたちと関わりながらのびのびと過ごします。保育者が話し合い、保育室はこどもの興味関心に即して変化していきます。家具には東京都の木=多摩産材が多く使われています。

ギャラリー

エントランスから続く長いレンガ壁の廊下はギャラリーになっています。育ち・学びを記録した“ドキュメンテーション”の展示や写真・動画の共有、今後はこどもたちの作品展示をはじめ、企画展なども。

アトリエ

こどもたちが自ら探究・探索し、創作活動を広げていく。アトリエはこどもたちの創造的な活動の場です。粘土、絵の具、ハサミ、筆など必要なものを揃えています。

素材庫

小竹向原園で遊びを規定しない遊具として、子どもたちの探究の助けとなっている中間廃棄物。プラスチックの筒、緩衝材、何かに使われていた部品。子どもたちが何に興味を持つかは予測しきれないので、ここでは様々な素材をディスプレイして、手に取りたいと思うような環境構成につとめています。

まちのま

地域と保育園で使う場所です。くつろげるソファーや、本格的なピアノが置いてあり、園の中にありながらも、保護者の方や地域の方が気軽に集うことができます。地域にお住まいの歌手をお招きしての音楽会、図書館と連携してのイベント、近隣の大学とのワークショップなど、様々な機会に利用されます。
保育の中で、子どもたちがちょっと特別な場所として、使用することも。

レストラン&ベーカリー「まちのパーラー」

園の入り口にはカフェがあります。朝は会社に持っていけるテイクアウトのパンも。おいしいランチも取れ、夜は少しお酒も飲めるでしょう。お父さんも迎えに来たくなるかもしれません。

Copyright © 2014, Natural Smile Japan,Inc. All Rights Reserved.