• 2014/10/01
  • 考え方

一生ものの出会いと経験を

一生ものの出会いと経験を

乳幼児期に、試行錯誤や興味や関心を追求することにより得た感覚や知恵、知識は人生の大きな財産となります。そのために、私たちは家庭と協力し、こどもたちがさまざまな経験ができる場をつくり続けたいと考えています。

また、乳幼児期は人格を形成するうえで大切な時期であり、その時期に関わった人物はこどもに大きな影響を与えることになります。あらゆる可能性を持って生まれてくるこどもが、その可能性をみずみずしく発揮するための環境づくりにおいてもっとも重要なことは、「どのような人と、どう関わるか」であると私たちは考えています。

出会いには人だけでなく、文化や出来事も含まれます。こどもたちは文化の中で生きており、さまざまな形でこどもの知性や感性の門を叩くのは、やはり実体験です。保育者はこどもの気持ちを受け止めながら主体性に徹底的に寄り添い、また自分たちも一緒に楽しみながら保育を展開していきます。

取り組みを選ぶときのキーワードは「心が動く」

保育・子育ての世界に、正解・不正解はありません。私たちは、保育者同士、保育士とこども、こども同士の対話はもちろん、保護者や地域のさまざまな方々の価値観も加えた保育を行います。なにか取り組みを行うときに考えているのは、「心が動く」かどうかということ。そして、こどもに与える出会いや活動を、より豊かにしていくために語りあえる状況をつくることが最善だと考えています。

それぞれのこどもがどうあればいいか、さらに個々のいいところも、ひとりの人が見るよりも大勢で多面的に見ていったほうが、より明らかになります。関わる大人にとっても、こどもにとっても、そうしたプロセスが、人生や生活の豊かさをもたらしてくれると思うのです。