• 2014/10/01
  • こと
  • 六本木

こどもと地域でつくる庭「まちのガーデン」

まちのガーデン

「まちのガーデン」は、2013年11月から土地をお借りして、使わせていただいている保育園の庭です。その目的は大きく2つあります。

「こどもたちが自由に関われる自然がほしい」
「コミュニティの関わりを豊かに実らせたい」

プロに工事を頼んでいきなり完成させるのではなく、決まった設計図のない中で試行錯誤を繰り返しながら、こどもと大人が楽しんでつくっています。

こどもたちが自由に関われる自然がほしい

都会には整備された美しい花壇はたくさんありますが、自由に草花を摘んでアクセサリーにしたり、草笛や色水をつくって遊べるような自然がありません。か細い茎がこんなにも強い芯を持ち、大きな花や実を支えていることは、なかなか実感できないのです。また、素足や素手で土の感触を感じ、時にはどろんこになりながらも思う存分遊べる場もなかなかないでしょう。

自然の中にはたくさんの“感性の種”が転がっているはずです。「まちのガーデン」という、おとなもこどももともに楽しめる“野っ原”で、その種を丁寧に育んでいければと考えています。

コミュニティの関わりを豊かに実らせたい

まちの保育園が日々大切にしている想いです。庭をつくっていく過程で、こどもを中心に、保護者の皆様、私たち保育園スタッフ、地域の方々はもちろん、あらゆる才能や熱意を持った人々同士が出会い、交流が生まれればと思います。地域に開かれた市民農園、餅つきや収穫祭など地域の方々との取り組みの発想も、さまざま生まれてくるでしょう。

この2つの目的に沿いながら、参加者それぞれが自分のペースで、好きなときに好きなだけ関われる場、気張らず楽しい、自由で創造的な場にしていければと思います。

Copyright © 2014, Natural Smile Japan,Inc. All Rights Reserved.