• 2017/04/11
  • こと
  • 代々木上原

まちのこども園 代々木上原 開園しました!

DSC_5083

「まちの保育園」ができてから、この春で7年目になります。この間、子どもたち、保護者、保育者のコミュニティの力、たくさんの想いある方に支えていただき、それぞれの園が、それぞれの個性を大切にしながらも、じっくり歩みを重ねています。大変なこともありますが、こうやって、子どもたちとの日々が当たり前にあることは、何よりありがたいことです。このことに感謝しながら、一歩一歩、その時、見える風景を心にとめながら、歩んでいきたいと思います。

私たちが運営する園は、今春・今秋の開園を含めて、5園となります。「アライアンス」の園も広がりつつあります。「コミュニティコーディネーター」を公立園に取り入れる自治体が出るなど、少しずつ、その仕事の意義も深くなってきています。「まちぐるみの保育・教育」をテーマにした書籍・雑誌も多数出版され、私たちも2冊の本を、世に出す機会をいただきました。また、学校では、これまでの先達の積み重ねがあり、「コミュニティ・スクール」が広がりを見せ、新しい学習指導要領のキーワードは「社会に開かれた教育課程」となっています。私たちの考え、「教育(保育)を開き、社会を拓く」。それは、私たちが突然思いついた言葉ではなく、こう言った時代の流れが生んだ言葉だと思います。さらに、この7年の間に、保育・幼児教育の重要性の認識は世界的にますます深まり、様々な取り組みが世界中でまきおこってきています。

こう言った、私たちチームの実践現場の育ちと、様々な時代背景を受けて、2017年、2つの「まちのこども園」が開園します。

この4月1日、「まちのこども園 代々木上原」が無事開園しました。想いのある保育者との出会いに恵まれました。これから、このチームで対話を重ねていくことがとても楽しみです。「こども園全体が、アトリエ」というテーマを持ちました。子どもたちの創造性、有能性、個性を、コミュニティ全体で育んでいければと願っています。

いつも支えてくださっている皆様に感謝するとともに、まずは、出会った子ども、保護者、保育者、地域の人たちと、とても幸せな開園を迎えることができましたことを、ここにご報告させていただきます。

Copyright © 2014, Natural Smile Japan,Inc. All Rights Reserved.